キネクションテーピングの紹介

キネクションテーピングでの学びは、テーピングの技術だけではありません。

  • 身体を構成する筋肉や骨格、支配神経の理解や東洋医学に基づいた、経穴・経脈等についても勉強します。
  • テーピングを施術する際に欠かせない、身体の不具合を見つけるための徒手検査や反射テスト、または、神経リンパ反射なども学んでいきます。同時に、不具合のある身体を正常な位置へ戻すためのカイロプラクティックの手技も取り入れていきます。

POINT!
このように単にテーピングと言っても、ただ単純に貼るのではなくキチンと身体の状態を把握してから行いますので、テーピングの効果がまるで違います。
ここが、キネクションのテーピングが『臨床テーピング』と呼ばれる所以です。

テーピングと言っても色々あります

テーピングと聞くとスポーツテーピング用のホワイトテープを思い浮かべる人も多いと思いますが、キネクションテーピングでは伸縮性のあるテープを使用します

  • ホワイトテープは一般に伸縮性のないテープで、異常のある筋肉・関節を包んでその動きを制限することにより、そのまま運動を継続させるものです。このホワイトテープは血行不良を起こすため運動が終わればすぐに剥がさなければならないのが難点です。
  • キネクションテーピングで使用する伸縮性テープは、関節の動きを悪くしている筋肉・靭帯の異常に対してテーピングをおこないます。
    これは、筋肉の緊張・圧の高まりを防御する目的で使用します。
    テーピングをすることで血液・リンパの流れや、筋肉がリラックスし痛みや不調が緩和され身体本来の状態に戻していくのです。

    画像の説明

POINT!
キネクションのテーピングは解剖生理学的見地に立った医療技術のため、効果の現れ方がテープそのものよりも施術者の技量にかかっています。ですから、教える方も学ぶ方も真剣なのです。

キネクションテーピングの技術はテーピングだけではない・・・

各分野で活躍する指導員がこれは使える技術であると判断すればすぐに指導者養成コースで発表し、セミナーに取り入れるのを特徴としています。

技術は「生モノ」だから、探求し続けたい・・・
常に、最新の技術を受講生に提供し続けたい・・・
この気持ちでセミナーを行っています。

・過去にも、セミナーで取り上げた内容は色々あります

たとえば、

  • 徒手検査法
  • 反射テスト
  • OCC(頭蓋調整)
  • CV-4(脳脊髄液循環改善)
  • 回盲弁調整
  • 耳つぼ痩身
  • 小児鍼等
  • 呼吸器調整、循環器調整、消化器調整、血圧調整など

その他、多種多様の内容です。
知っていて損はない技術や知識はすべて網羅しています。

これまでにも、主婦や学校の先生、スポーツを愛好家、スポーツ関連のトレーナー、各種治療家や医療関係者、マッサージ、エステティック等の方も多く学ばれています。

是非この機会にキネクションテーピングのテクニックを身につけて、生活改善や健康維持、または技術の向上に取り入れて頂ければ幸いです。

a:1628 t:2 y:4