Q&A よくあるお問合せの内容です

工事中

キネクション・テーピングについての質問

:「キネクション・テーピング」どういう意味ですか?
Knection Taping=Kinect(生体力学)+motion(動き)の造語で筋肉・筋力との動きに注目したテーピング技術となります。

:どんな講師が教えてくれるのですか?
:普段は治療院で施術をしているプロ先生方が、まさに手取り足取りで対応させていた
  だきます。加えて、各地域の指導員の方々にも応援頂いております。

テーピングセミナーについての質問

各コースについて

:難しそうですが、一般でも大丈夫ですか?
:もちろんです!学生や主婦の方からプロまで、幅広く学ばれています。経験豊富な指導員がが多く在籍していますので、安心して受講してください。

:終了証など資格認定の発行はありますか?
:はい。毎回コースの最後に終了試験を行います。その、試験に無事合格された方に、各コースの『終了証』を発行しています。

:複数のコースを受講できますか?また、1つのコースだけの受講は可能ですか?
:同時の受講は、原則認めておりません。ただし、在籍していない他のコースへの見学は自由に参加できます。

:他にセミナー会場はありますか?
:申し訳ありません。基礎コースと応用コースの六甲会場(アトラスカイロプラクティック内)、及び指導者養成コースの長田会場のみとなっています。詳しくはアクセスを確認ください。

費用について

:費用は分割で支払う事ができますか?また、カードは使えますか?
:受講費の詳細は、左メニューの「費用」を参照下さい。カード払いはできません。

:途中で、参加できなくなった場合の受講費用の返金はありますか?
:返金はできません。

:費用が高いように思うのですが?
:テーピング以外の豊富な受講内容や専門性の高さ、臨床への即戦力など、実際に使える技術となっています。また、他のセミナーに比べてリーズナブルと考えますが、トータルで判断頂ければと思います。

その他

:仕事があって、全ての日程に参加出来ないのですが。
:無理のない各コース月1回程度の参加ですので、出来る限り日程の調整をお願いいたします。それでも、無理な方は他のコースにて遅れた分の個別対応致します。

:テーピングで本当に体がよくなるの?
:もちろんです。東洋医学的な見地からのアプローチや、実際に各治療院で用いられているテーピングの内容ですから、体にキチンと対応出来るのです。但し、あくまでもテーピングは手段であって、最終的には手技によってより高い効果を追求していきます。

:他団体のテーピングと何が違うの?
:キネクションテーピングは、臨床現場からのスタートですので、患者様への施術の中から生まれてきたものが多くあります。いわば、日々変化する旬の環境に十分対応できるテーピングと言えます。

:全てのコースを修了すると終わりですか?
:いいえ。通常、指導者養成コース終了で指導員の資格を得るわけですが、自己研鑽としての勉強会への参加や各コースでの再受講(無料)が望ましいです。車の免許と同じで、ペーパードライバーでは意味がありませんよね。指導員になると、原則自由参加ですがさらなる上を目指して頂きたいですね。

セミナー見学についての質問

:どこでやっているのですか?
:神戸会場(アトラスカイロプラクティック内)です。詳しくは『アクセス』を参照下さい。

:見学は、セミナー途中で帰るとまずいでしょうか?
:大丈夫です。皆様の、都合に合わせて調整して下さい。ただ、私たちも全力で対応致しますので、出来る限り楽しんで頂ければ幸いです。

:勧誘は、極力やめてほしいのですが。
:見学に来たからと言って、受講を強要することはありません。皆様がテーピングセミナー見学(体験)の結果、判断いただければ結構です。

:見学で、持ち込み禁止なものってありますか?
:特にありません。どうぞ、カメラやビデオなどお持ちいただき、テーピングの体験を出来るだけ記録に残して下さい。

:複数で行っても大丈夫ですか?
:もちろん大歓迎です。指導員も多くいますので、きちんと対応させていただきます。

:お昼は出るのですか?
:申し訳ありません。食事は各人でお願いいたします。近くにお店がたくさん御座いますのでご利用下さい。

:見学後、行きたくなったらどうすればいいですか?
:ありがとうございます。メニューの『お問合せ』から申し込むか、もしくは直接アトラスカイロプラクティック内のキネクションテーピング事務局までご連絡下さい。




● 見学・体験・受講のお問い合せ。
→左メニューの「お問合せ」からどうぞ。

●お電話でのお問い合わせ
アトラスカイロプラクティック内キネクションテーピング事務局 担当:荒木
電話:078-201-2021までお気軽に連絡下さい。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。




a:2822 t:1 y:1